2020年問題

2020年以降、大学入試制度が大きく変わる。

センター試験が廃止になるほか、面接等も取り入れられざっくりいうと人物を見る比率が高まるということだ。
こう書くと良いように見えるが、実際は様々な問題を引き起こすと思う。

まず、経済的に苦しい家庭ほど国公立大を諦めるのではないかということ。
現行の制度では頭が引っくり返るほど死ぬ気で努力すればそこそこの国公立大に入れる。
しかし新テスト移行後は本人の対策に今まで以上に時間がかかり、高校1年から予備校通いをしなければならなくなるだろう。
つまりその予算を捻出できない家庭はその時点で厳しくなるかもしれない。
結果、本意でない私立大に入り、高い学費を払うために奨学金を借り、社会人になった後に返済に苦労することになる(奨学金問題そのものは2008のリーマンショック以降元々顕在化しているが)。
また、国公立諦めて私立に流れようという考えを持つ人は多くなると思うので、私立の入試自体も倍率が上がり難しくなるだろう。
負けた人は高卒?
いやいや、そうなってはいけないだろう。


二つ目は面接によりコミュニケーション能力や様々な経験を見るようになると、所謂「堅物」みたいな人はキツいだろうなと。
勿論、社会的スキルの低い人を大学に入れたくないという気持ちも解らんでもない。
しかしそう物事はスパッと切れるものではないし、もし頭でっかちみたいな人が「要らない子」としてカテゴライズされるなら、それは小中高大、とくに大学に於ける教育の放棄ではないかと私は思う。
なぜなら、実際の教育改革があまり進んでいない(2020には間に合わないのは自明)、環境も整備されていないのに大学の入口のみ変えるということは「今できない子は要らないよ。うちの大学で育てる気もないよ。最初から器用な子が欲しいな」ということに近いからである。
日本では平成に入ってから職人が尊敬されなくなった。
海外からは日本の昔風な職人に対する評価が高いにもかかわらず、自ら捨てているようだ。
また、こういった状況なので職人のような「不器用であまり喋らない。しかし極めた仕事は誰にも負けない」というような人が社会人としてはあまり評価されず、学生時代に遊び回ってきて世渡り上手くて調子良い人(仕事はそこそこ程度)の方が評価が高くなってきているように見えて仕方がない。
コミュニケーション能力などは大切だとは思うが現状の、その偏重ぶりは目に余る。
大学新テストがそのような風潮を更に加速させないか気になるところである。


長くなったが、まとめよう。
そもそも入試制度改革は「より良く変える」ためにあるはずだが、変えたことによって上記のようなことがもし起きたら本末転倒だ。

なんのための改革か。
大学に行くことを諦めさせるための改革なら何の意味もないし悪魔の改革といえるだろう。
すべての人に挑戦するチャンスを見せる。
これこそ、真の意味で若者を活性化させると私は思うのである。

韻~ライミング~

キッチリ韻を踏んだつもりが相手には駄洒落として受け止められてしまうことが多い(笑)
ライミングって難しいね

アンタイトルド

昨年の7月以降は休みは(日)のみである。
この仕事が好きで本当に良かった。
まあ4月になったらまた土日休みに戻るが(笑)

青春の力

青春とは何のためにあるのだろう。
それが味わえる時期が過ぎてから青春の大切さについて気付かされることが多い。

大人になるとどうしても打算が増える。
それを好むと好まざるとにかかわらず。
利害の損得勘定で考えてしまうから好きなものや好きな人に純粋に没入しにくくなる。

しかしそんな乾いた日々を当たり前に過ごせる大人が多いのは何故か。
それは若いときに打算とか無しに純粋に遊びや恋を楽しんだ経験があるからそれが糧になっているのだろう。
言ってみれば心のガソリンさ。
未練が無いのだろうな。
未練が無いことによって前だけを向ける。

もし青春を味わってこれなかったらどうなるか。
いつまでも10代後半~22歳くらいにやり残したことばかりに心を縛られているのだろうな。
これじゃ大切な時間を無駄にしてしまう。

故に、青春は、それを味わえる本来の時期に味わっておくべきだと私は思う。

まあ私は25歳なのでもう青春を味わうことは出来ないが、下の世代には青春の大切さを伝えていきたい。

Red Demon

そういや泣いた赤鬼の話の英語版のタイトルが「Red Demon and Blue Demon」なのだが、
どうしても「Demon」に違和感あるのだ。

「demon」は勿論「鬼」的な意味も無いわけではないが、どちらかというと「悪魔」や「魔物」というニュアンスだ。
「鬼」といえばやはり「ogre」の方がしっくりくる。

「Red Ogre and Blue Ogre」ではダメだったのかなぁ?

1月も終わる

2015年になったばかりかと思ったが、
ついに1月も末日だ。
2015年の12分の1が終わってしまったのだ。

自らが充実している時期ほど、時が過ぎるのは早い。
逆も然りで。