読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

次のことを考える

教え子達の入試が今週から始まった。

彼らの殆どにとっては「自分で自分の人生を動かす」初めての本格的な機会であると思うので、ここは力を全て出し切ってほしい。
「平常心を保つのは難しいだろうけれども、
それは会場に居る周りの子達も同じなのだから御互い様だ。だから案外何とかなるものだ」と彼らに伝えた。

日頃はシビアな話を交えながら指導してきたが入試期間に突入したなら、こりゃ話は別よ。
変に緊張を高めさせるのはNG。

また、今の中二の子達に対しては「他人事ではない。今の三年が受験終わったら次はあんたらの番だ」的なことを言っている。
まだ時間が残されている人達に対してこそ敢えて現実的なことを強調する。

こちらとしては、受験生に対し全力でバックアップしつつも、そこだけに目線を集中させるのではなく次のことを常に考えている。