1月も終わる

2015年になったばかりかと思ったが、
ついに1月も末日だ。
2015年の12分の1が終わってしまったのだ。

自らが充実している時期ほど、時が過ぎるのは早い。
逆も然りで。